在宅ワークは気持ちのコントロールがカギ

公開日:  最終更新日:2015/12/25

これは仕事全般に言えることなのかもしれませんが、特に在宅ワークでは気持ちのコントロールがとても重要になってきます。いくら自分にできる仕事が用意されていたとしても、乗り気でなければ仕事にとりかかることがなかなかできません。会社に勤めているならそんな甘えは許されないところですが、在宅ワークの場合は自分で自分を律する状況ですのでどうにでもできてしまいます。しかしだからこそ、気持ちのコントロールをしっかりしなければ十分な量の仕事をこなすことはできないのです。

たとえば、朝起きたときに「今日は調子悪いなあ」と思うことがあるかもしれません。誰でも疲れが溜まってきたりすればそう感じますし、前日寝るのが遅かったりすれば体のエンジンがかかるのは遅くなって当たり前です。ですが、病気などにかかっていない限りその調子の悪さは乗り越えていかなければ、在宅ワークでは成功しないです。調子が悪くてもそのときの気持ちを上手くコントロールしていき、仕事ができる状態にしていかなければならないのです。

それをせずにダラダラと仕事をせず過ごしてしまったら、仕事をするためのモチベーションが高くならないままに時間が過ぎていってしまいます。そうするといつの間にか「今日はできそうにないから明日にしてしまおう」という風に、仕事を1日サボったりします。

そうならないようにするためには1日の内の早い段階で仕事モードになれるように気持ちをコントロールしていくことが大事で、そのためには多少無理にでも仕事をどんどんこなしていったほうが良いです。最初のうちはそれをするのがキツく感じるかもしれませんが、それが自分のためになるのは間違いありません。そこで頑張って仕事をしておけば収入がたくさん増えることにつながっていくので、それを想像しながら気合を入れていくことがポイントです。

在宅ワークでは意外と根性論が大事だったりしますので、それができるよう気持ちをコントロールすることが大切です。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑